2016.10.17 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.06.18 Thursday

    猟奇的な彼女感。

    0

      「ゴーン・ガール」面白かった!
      一見ありがちなミステリーかと思いきやさすがフィンチャー。
      中盤以降の流れが秀逸でした。
      そもそもベン・アフレック嫌いな私は斜めから彼を見てるのでブレるんです、話が(笑)
      殺人の疑いかけられても、こんな知性の欠片も無さそうな奴が計画的に殺人出来るわけないやろって思うしね。
      だがしかし、そのベンさんが良い仕事しました。
      彼みたいなどうしようもないキャラじゃなきゃあの役は成り立たない。
      そしてなにより、ゴーンするガール役のロザムンド・パイクがとにかく素晴らしい。
      これはオススメ。
      フィンチャー作品で久々のヒットです。


      2015.02.08 Sunday

      エリオット感。

      0

        幾つになっても何十回観ても「E.T」が大好きです。
        小学生の時、父親に自分の意志で観に行きたいと言った初めての洋画。
        毎年一回は必ず観てますが、今日たまたまDisneyチャンネルで流れてるのを観てました。
        VHSもDVDもBlu-rayも持ってるのにね(笑)

        子供目線で観てた映画を親目線でも観れるようになり、昔に好きだった映画も、わからなかった映画も、今観ると感じ方が全く違うのかもしれません。
        E.T.はいつか日向と一緒に観たいなぁ。
        一緒にワクワクしたい。
        その後はグーニーズ、バック・トゥ・ザ・フューチャーの鉄壁なスピルバーグ流れで(笑)



        2014.11.16 Sunday

        トホホ感。

        0
          莫大なバジェットを使った映画はほぼ面白くないのが相場。
          大体は無駄使いでトホホな駄作なのですが、愛せるものと愛せないものがあるんです。


          「カウボーイ&エイリアン」
          かなりキャリアのある、いい歳の大人が集まってこんな荒唐無稽なSF西部劇を作る。
          その結果、意図せず映画の存在自体がコメディになってしまうなんて、それだけで愛せるでしょ(笑)
          素晴らしい駄作。


          「人類資金」
          これはひどい。
          骨太なサスペンスなようで突っ込みどころ満載。
          かといってエンターテイメントとして成立してるとも言い難く、正直全く面白みが無い。
          無駄使いした製作費はM資金から出たのかと揶揄したくなります。
          阪本順治x福井晴敏は本当にこれを本気で作ったんですかね。
          全く愛せない駄作。




          2014.11.11 Tuesday

          Love Zombie。

          0

            「マーダー・ライド・ショー」


            「デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2」

            を続けて観る。

            キチ○イ一家が非道の限りを尽くす、ロブゾンビやりたい放題な悪趣味極まりない2作。
            とはいえ、能天気に残酷な殺戮を見せるだけではなく、家族愛をきっちり描く辺りがさすがです。
            まんま「悪魔のいけにえ」な1作目から、続編ではアメリカンニューシネマのような殺戮ロードムービーになっていくまさかの展開。
            キルビルの1と2の作風が違う以上に別の映画になってます。
            ラストがありえないくらいクール。

            A級のB級映画として映画史に残したい、超ホラーマニアのロブ・ゾンビだから作り得た傑作。
            ただ万人には全くオススメしません(笑)


            2014.11.09 Sunday

            アーノルドシュワルツ感。

            0

              アーノルド・シュワルツェネッガー久々(10年ぶり!)の主演作「ラストスタンド」
              正直全く期待せずに観たんですが、これが思いのほか面白かったんですよ。
              脇役陣の描かれ方も良かったし、キム・ジウン監督の手腕が見事。
              歳を取った事を自虐ネタにしながらも、肉弾戦でのパワーボムからのバックドロップは65歳の仕事とは思えないくらいエネルギッシュでした。

              ちなみに私的シュワ様作品ベスト5は以下
              ↓↓
              1. コマンドー
              2. キンダーガートン・コップ
              3. ターミネーター2
              4. トゥルー・ライズ
              5. バトルランナー

              どうでもええわって声が聞こえてきそうなランキング(笑)
              久々にコマンドー観たいなぁ。


              2014.11.08 Saturday

              ジャックニコル感。

              0

                何故かCSで「シャイニング」を放送する度にTVをつけていて、結局最後まで観てしまう罠。
                今年すでに3回目(笑)
                演技を超えて完全に向こう側に行ってしまってるようなジャック・ニコルソンから目が離せなくなるんよね。
                しかしながら、深夜とはいえ子をあやしながら観る映画では無い...

                ちなみに私的ニコルソンさん作品ベスト5は以下
                ↓↓
                1. アバウト・シュミット
                2. シャイニング
                3. カッコーの巣の上で
                4. プレッジ
                5. クロッシング・ガード

                全作DVDジャケがいい顔!
                顔だけで魅せる俳優No.1...


                2014.10.22 Wednesday

                待望感。

                0

                  ウォーキングデッド シーズン5が日本でも放映開始。
                  オープニングから既にヤバかった!
                  1話から攻めてますねぇ。
                  毎週日曜日が楽しみです。
                  またもや翻弄される日々の始まり。
                  ちなみにミショーン推しです。


                  2014.10.10 Friday

                  ルークvsアトレイユ。

                  0

                    「SUSHI GIRL」を鑑賞。
                    所謂タランティーノオマージュな作品。

                    この映画、何が衝撃だったかって彼がマーク・ハミル、つまりはSTAR WARSのルーク・スカイウォーカーだったという事に尽きます。
                    がっかり感半端ないです。
                    ちなみに主役っぽい人がネバーエンディングストーリーのアトレイユだったんですが、そんなことすら霞む衝撃。

                    心身共に引き締めていきたいと思いました...



                    2014.08.12 Tuesday

                    いまを生きる。

                    0
                      ロビン・ウィリアムズ鬱病による自殺との訃報。
                      観客に生きる力を与えてくれるような作品や役柄が多かった反面、自身は苦しんでいたんですね...

                      私的ベスト3は
                      「いまを生きる」
                      「フィッシャー・キング」
                      「ガープの世界」

                      最近だと「ストーカー」の演技がキレてたなぁ。

                      幾多の名作をありがとうございました!
                      ご冥福をお祈り致します。



                      2014.05.05 Monday

                      HOLY MOTORS。

                      0

                        「ホーリー・モーターズ」(HOLY MOTORS)

                        鬼才レオス・カラックスの13年振り(!)の新作長編。
                        一見カラックスっぽくないようで、紛れもなくカラックスにしか撮れない刺激的な作品でした。
                        内容は全く違いますが「インランド・エンパイア」や「ドニー・ダーコ」のように奇妙で強烈な夢を見せられたような感覚。
                        ドニ・ラヴァンの怪演がとにかくとにかく凄まじいです。

                        好き嫌い分かれる作品でしょうが、面白くないと言ってしまうのはあまりにももったいない。
                        常に観客の思考に混乱を与えて想像力をかきたててくれるカラックスさん。
                        断固支持!


                        Calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM